佐賀市 やつぎ外科内科クリニック

肛門外来

便秘の症状のある方は日本人の10%と言われています。

便秘治療には、排便状況、便の状態、食生活、ストレスなどの問診による便秘タイプの診断と、 それに応じた生活指導や適切な投薬が必要です。

排便が順調に行われていない状態を便秘といいます。
数日に1回しか排便されない場合は便秘と考えられますが、単に排便回数だけで決まるのではなく、1回の排便量が少ない方、便が出にくい方、残便感がある方の場合、便秘と考えられます。

便秘の症状

以下の症状が該当します。
  1. 数日に1度しか排便がない。
  2. 排便はしたいが思うように排出されない。
  3. 排便後もまだ残っているような気がする。
  4. 便が硬くあまり水分が含まれていない。
  5. 通常より排便量が減少した。
  6. 最近、急に便秘になった方は大腸がんの可能性もあります。

便秘の原因

  • ダイエットや朝食抜きといった不規則な食生活
  • 時間がない、トイレが混んでるという理由でトイレを我慢する
  • 食物繊維の摂取不足
  • 水分の補給不足
  • 仕事や受験によるストレスの影響
  • 運動不足
  • 薬の副作用

便秘の処置と治療

食習慣、排便習慣、生活習慣の指導を行い、お薬を処方します。
便秘症の原因、程度は人によりさまざまなので、患者さん、一人ひとりに合った薬の種類、組み合わせ、量を見つけていきます。
最初は薬が多くなるかもしれませんが、生活習慣、食習慣が改善され、排便のリズムができてきたら徐々に薬が減ってきます。

薬の助けをかりて良い排便習慣を身につけ健康になることを目標に治療を行っていきます。
直腸に便が溜まっている場合は、状況に応じて摘便や浣腸を行います。
ブログ
メニュー