佐賀市 やつぎ外科内科クリニック

男性更年期外来

男性更年期障害とは

更年期障害というと、一般的には女性特有の病気というイメージがありますが、最近は男性にも更年期障害があるということが分かってきました。
女性の場合には、エストロゲンという女性ホルモンの分泌量が低下することによる影響で、閉経という症状が現れ、更年期障害の時期であることがイメージし易いのが特徴ですが、男性の場合は、閉経に相当する症状がないため、一般的に更年期障害があることが認識されていませんでした。 しかしながら、近年の医学の発展に伴う研究で、男性ホルモンの1つであるアンドロゲンやテストステロンの分泌量が低下することによる影響で、男性にも更年期障害があることが分かってきました。

男性更年期障害が起きる背景

男性更年期障害は、男性ホルモンの分泌量が低下することによる影響で更年期障害が起きると単純に考えるのではなく、加齢の影響や、増え続ける様々な社会的なストレスの影響で、加齢男性性腺機能低下症候群(LOH症候群)という症状が現れることが分かってきたのです。
しかしながら、まだまだ日本国内での男性更年期障害に対する認知が低いため、更年期障害になられた方の殆どが、年齢からくる衰えや、日々のストレス・疲れだと勝手に思い込んでしまい、我慢したり、気にせずにそのまま症状を放置してしますケースが後を絶ちません。

主な男性更年期障害の症状

精神的な症状
うつ病、仕事がつらい、集中できない、だるい、楽しくない、イライラするなど
身体的な症状
疲労感、眠れない、筋肉痛、肩こり、頻尿、ほてり、のぼせ、手足の冷え、多汗など
性機能の衰え
性欲がない、朝立ちの回数現象など
当院では日常の生活指導から各種治療まで幅広く対応していますので、お気軽にご相談下さい。

主な男性更年期障害の症状

男性ホルモン補充療法
不足している男性ホルモンを補充し、症状や機能を改善していく治療法です。
高い効果が期待できますが、副作用もあるため慎重な治療計画が必要です。
当院では、医師による診断・血液検査結果のうえで、2週間に1回のホルモン補充療法を行っています。
基本的に長期間の投与は行っていません。投与後に数回の再検査を必ず行い、その結果をもとに、以降の治療計画を立てていきます。
この治療は、.必ず医師の指導の下で行い、2ヶ月後の再診察・検査が必然になります。
どうして検査がそれだけ重要なのかといいますと、定期的な検査を行わずに治療を継続した場合、副作用などが発生する危険があるからなのです。当院では、定期的な検査と用法用量を遵守した治療を行っています。
AGA薬、ED薬の処方
処方を希望される際は、院長までご相談ください。
ブログ
メニュー