佐賀市 やつぎ外科内科クリニック

溶連菌感染にも血液バイオフォトセラピー

先週土曜日、翌日が熊本城マラソンでさて熊本に行こうとした矢先に保育園から連絡あって、次男が熱発したとのこと。

元気だったのでそのまま熊本に連れて行った。

すると夜には熱は下がっていたので安心してマラソン走った。

結果はひどいもんで4時間切りを狙ってたけど30kmで足が終わってしまい、サブ4はまた次回に持ち越し。

終わって家族と合流したら、今度は長男が熱発。

急いで帰路についた。

翌日小児科受診するもインフルエンザではなかった。

その夜から今度は妻が熱発。まじできつそう。

翌日長男は再度小児科受診し溶連菌感染との診断。

妻ももらってしまったのだろう。

火曜、水曜と連チャンで血液バイオフォトセラピーをやったおかげで水曜日の夜にはかなり回復して、木曜日には完全回復してた。

やはり血液バイオフォトセラピー(UVB)はかなりの抗感染作用があるので

各種感染症、風邪や気管支炎その他適応はガン、白血病、COPD、心筋梗塞や脳梗塞、」アルツハイマー病、糖尿病、慢性疲労、貧血、下肢静脈瘤などに効果がありますので、そのような症状でお困りの方は当院までご相談ください。