佐賀市 やつぎ外科内科クリニック

検査(超音波エコー検査)

腹部の超音波(エコー)検査

超音波検査は、X線やCTなどと比べて、とても放射線の被ばく量が少ないため、短時間に繰り返して、多くの事を知ることができる検査です。
検査時間は、10分から20分程度で済みます。

検査方法

そのやり方は、高い周波数の超音波を腹部に向けて発信し、はね返ってくる反射波(エコー)を画像に写して、腹部の臓器や血管などの状態などを調べます。
そのため、臓器のようすをがリアルタイムで観察することができます。

一般的な腹部超音波検査は、おもに、肝臓、胆道、胆嚢、膵(すい)臓、腎臓、脾(ひ)臓、副腎などの臓器を観察します。
一方で、下腹部の超音波検査は、男性の場合は膀胱(ぼうこう)や前立腺、女性の場合は子宮や卵巣なども調べます。
とても安全でたくさんの情報が得られる診断能力の高い検査ですが、超音波の性質上、肺や胃、腸など空気を含む臓器は画像としてとらえにくいため、これらの臓器に関しては、あまり詳しくみることができません。

また、脂肪は超音波をはね返す力が強いため、肥満の人ではよい画像が得られない場合もあります。
腫瘍(しゅよう)、ポリープ、炎症、結石(けっせき)などの異常は比較的簡単に発見することが可能です。
腫瘍は、その大きさだけでなく、どのくらいの深さまで達しているかなども調べることができます。

超音波検査でよく発見される主な病気
これまでの検査では、脂肪肝(しぼうかん)、肝のう胞、肝硬変(かんこうへん)、胆のうポリープ、胆石(たんせき)、胆管拡張(たんかんかくちょう)、胆のうがん、胆管がん、膵(すい)炎、膵がん、腎のう胞(ほう)、腎結石(じんけっせき)、水腎症(すいじんしょう)、腎がん、腹水(ふくすい)、大動脈瘤(だいどうみゃくりゅう)、副腎腺腫などが発見されています。
婦人科領域の超音波検査
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮がん、卵巣のう腫(しゅ)、卵巣がん、子宮外妊娠(しきゅうがいにんしん)、胞状奇胎(ほうじょうきたい)などが発見されています。
尿器科領域の超音波検査
腎臓結石(じんぞうけっせき)、膀胱結石(ぼうこうけっせき)、膀胱がん、男性では前立腺肥大症、前立腺がんなどが発見されています。