佐賀市 やつぎ外科内科クリニック

女性更年期外来

女性更年期障害とは

更年期症状の始まりは、何かしらのサインが必ずあります。
初めは疲れと勘違いして放置してしまうケースが多いため、徐々に症状が重くなり、突然、日常生活に支障がでて、病院にやってくるという方が後を絶たない、とても厄介な症状です。 

一般的な女性は、30代後半になると、徐々に女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンなどのホルモンが減少し始めます。

そして、50歳前後になると、閉経を迎えます。
ところが、身体は常に女性ホルモンを欲しているため、脳下垂体から性腺刺激ホルモンというホルモンが活発に分泌され続けます。ところが、性腺刺激ホルモンと一緒に分泌されるべき女性ホルモンの分泌が少なくなってしまったため、体内のホルモンバランスが崩れて様々な症状が起こります。

女性更年期障害の主な症状

めまい・吐き気・頭痛がある 、疲れやすくなった、大汗をかいてしまう、眠りがとても浅い、寝つきが悪い、 とても気分が滅入る、訳もなく落ち込む、急に怒りっぽくなった、顔がほてって熱くなる、身体が急に冷え性になった、手足や腰に痛みを感じる、肩こりがひどくなった、息切れが起こりやすくなった、動悸が激しくなったなど。

加齢以外の原因で起こる更年期障害

20代・30代の女性でも、無理な食事制限によるダイエットや、仕事や家事のストレスからくるホルモンバランスの乱れで、早期に更年期障害と同じ症状になる方も増えています。
当院では、日常の生活指導から各種治療まで幅広く対応しています。

女性更年期障害の治療

漢方薬の処方
保険適応の漢方薬を患者様の体質を見極めながら処方しています。
プラセンタ注射
プラセンタには、女性ホルモンの分泌をコントロールし症状を軽減させる効果があり、副作用はほとんどありません。
また美肌・美白効果や健康維持などのアンチエイジング効果も期待できます。
更年期障害のうち条件を満たした方には、プラセンタが保険適応となりますので、詳しくは院長にご相談ください。
ホルモン補充療法
基本的には産婦人科に紹介しています。
ブログ
メニュー